avatar

続・天体望遠鏡博物館

Share on Facebook

今回は以前2014年にも紹介しました、さぬき市多和にある天体望遠鏡博物館について。

この施設は4年前にオープンした世界で唯一の『天体を使って望遠鏡を楽しむ』をテーマとした

天体に関する様々な物を展示している見どころのある施設です。

IMG_9906

IMG_9889 IMG_1494 IMG_9894 IMG_9546

この施設がオープンする約10年前から計画が始まり

日本中から様々な望遠鏡などを収集していました。

その収集する望遠鏡の一部をボランティアスタッフの一員としてお手伝いをしています。

 

東は長野県や山梨県、西は九州・熊本とクレーン付きのトラックで回収作業をしています。

毎回、普段の旅行や各種会の会議、そして仕事でもまず行く事がない

一生に一度しか訪れないであろう場所に行けるのが楽しみの一つです。

IMG_3006

ある時はアルプスの別荘地

IMG_3256

ある時は別府の温泉地

IMG_0264

ある時は和歌山の海岸沿い

などなど四国内はもちろん、西日本の様々な場所へとトラックを走らせます。

IMG_1416 IMG_1456

最近ではカーナビの付いてないトラックでも

携帯やタブレットがナビをしてくしてくれるので、1人での移動も便利になりました。

 

望遠鏡を提供してくれる施設は様々で

取り壊しが決定し、今回の回収がなければ翌日のはただの鉄の塊として

処分される物がほとんどだそうです。

IMG_1485 IMG_0235

 

そして回収する望遠鏡の形や大きさ、設置場所も様々で、

現地調査班が先行して物品の確認・搬出方法を検討し僕の出番となります。

IMG_0254

IMG_1478

IMG_3216

望遠鏡の設置場所は様々

IMG_3227 IMG_1472 IMG_0257

分解する望遠鏡も様々

分解が終わると、積込み・多和への持ち帰りとなります。

 

IMG_1434

IMG_1445

帰りは帰りで夕陽を横目に走行するのも楽しみの一つです。

IMG_5367 IMG_6632 IMG_6638

一度だけトレーラーを手配して運んだ事もありました。

IMG_1498

出発~積込み~持ち帰り~多和に荷下ろしを終え、帰宅が

だいたい夜になります。

疲れますがけっこう楽しく、施設の人から電話があるとわくわくします。

 

あとどのくらい寄贈依頼があるのか僕にはわかりませんが、

依頼があるかぎりどこまでも行きたいと思います。

 

コメントを残す