Browsing articles in "LONちゃん"
avatar

楽しく運動。

Share on Facebook

近年 著しく体力の衰え感じてきて、何か運動でも・・・と思っていたのですが、

1年ほど前にフォークダンスを始めたという知人に誘われ、とても楽しいよう

なので 私もそのサークルに入れてもらうことにしました

フォークダンスとはいえ、想像していたよりかなりハードで 1時間半の間に

8曲ほど踊りますが、とても良い運動になります。

そして、間の少しの休憩時にはお茶をいただきながら楽しくおしゃべり・・・。

毎回新しい曲も2~3入るので、頭も使い 結構な脳トレにもなります。

週に1回だけでは あまり効果はないようなので、最近は1週間の内に

2回通っていますが、お陰で毎回楽しく踊りながら,だんだん体力も

ついて来たように思います

avatar

楽しい「同期会」

Share on Facebook

若い頃に勤めていた会社の同期入社の友人たち4人で、毎年春と秋に

食事をしたり、プチ観光を楽しんだりしています。

皆 この歳になると、話題は主に健康の話になりますが・・・

私が4人の中でこの会社を一番最後に退職してから40年余り経ってから

会い始めて12年になりますが、毎年欠かす事なく 皆元気で毎回楽しい

ひとときを過ごしています。

他の3人は近畿地方に住んでいるので、私はいつも集合場所に一番遠い

のですが、高速バスのお陰で2時間程で皆に会うことが出来ます。

昨年の秋は、神戸の布引ハーブ園に行って来ました。

随分前に一度行った事はありますが、前回とはまるで変わっていました。

ロープウェイで山頂まで行き、そこでオシャレなレストランでバイキングを

堪能してから、山頂付近を散策。可愛いお花が一杯でした

そして散策しながら中間駅まで降り、そこからロープウェイで麓まで・・・。

日帰りなので、少しの時間でしたが本当に楽しいひとときでした。

次回は都合で春をパスして秋に会う事になりましたが、皆元気で この先

何年も続く事を願っています

2

4 (2)

4 (1)

 

avatar

酷暑の中で・・・。

Share on Facebook

明日はもう立秋だというのに、まだまだ続いている猛暑の中、我が社でも

現場で働く社員や業者の方たちが無事に作業ができているか、いつも心配に

なります。

そして昨日は夏の高校野球全国大会が始まりました。

連日の危険な暑さの下では、甲子園ではなくドーム球場で行うべきだとの

意見もささやかれていますが、高校野球は やはり〝甲子園”  ですね

特に私などは甲子園球場がある西宮市で育っているので、余計に愛着が

あります。

昨年は我が社の地元の三本松高校が香川県の代表校として出場し、ベスト8

と大健闘したので、このあたりも とても盛り上がりました。

今年の代表校 丸亀城西高校にも、ぜひ頑張ってほしいものですね。

それにしても この暑さの中で一生懸命な選手たちや、応援団の人たちには

頭が下がります。何とか最後まで無事に試合が出来るよう願っています。

 

 

avatar

引田ひなまつり

Share on Facebook

今年もあっという間に2か月余りが過ぎてしまいました。

年々 月日の経つのが早くなるような気がします。

さて、東かがわ市では引田(ひけた)という地区で今年で16回目を迎えたそうですが、

ひな祭りの時期に古い町並み一帯で「引田ひなまつり」が毎年開催されています。

立派な雛飾りを展示しているお家や、引田特産の食料品、心和む工芸品やお値打ちな

雑貨品などが売られていて、毎年とても賑わっています。

今年は2月28日から5日間開催され、強風の吹く日もありましたが比較的暖かく

お天気にも恵まれました。

私も所属している団体がこの期間出店している所で、4年ほど前から少し

お手伝いさせてもらっていますが、このような行事は地域の活性化にも

つながるので、いつまでも続くと良いですね。

P1010428

立派な市松人形も飾られて・・・。

 

P1010426

飾りつけが素敵です。

 

P1010420

珍しい金魚雛

 

avatar

ピカピカの 特急「うずしお」

Share on Facebook

12月も三分の一が過ぎてしまいました。

スーパーではお正月飾りや鏡餅などがドーンと並んでいて、気ぜわしさに

拍車がかかります

さて 去る12月2日、JR四国で約30年ぶりとなる新型ディーゼル特急車

「2600系」が高徳線で定期運行を始めたそうで、特急「うずしお」として

高松ー徳島駅間を一日3往復するようになりました。

12月2日、高松駅で出発式があり 午前11時7分に出発したこの「うずしお」、

三本松駅付近でピカピカの晴れ姿を見ることができました

「2600系」はメンテナンスの費用が削減でき、車内も充実しているそうなので、

日頃はマイカーでの移動が殆どの生活ですが、近い内にこの新型特急に乗って

みたいものです。

P1010416

 

 

avatar

私もその内・・・。

Share on Facebook

ある銀行でのこと・・・。

機械で番号札を取り、イスに座って順番を待っていると—-。

歩くのもおぼつかないお年寄りの女性が窓口へ直行しました。

窓口の行員さんに何かを見せながら、しばらく話をしておられたので

頼んでいたものでも取りに来られたのかなぁと思いながら、何となく

様子を見ていました。

でも その後、行員さんに「あちらの機械で番号札を取ってお待ちください」

と言われたらしく、少し困った表情で機械の方へ ゆっくりゆっくり歩き出し

ました。すると、窓口のすぐ横の両替機を操作していた60代位の男性が操作を

中断してその女性の方へ駆け寄り、機械で番号札を出してあげていました。

私も、その女性が困っているようなら手伝ってあげようと思っていましたので、

内心ほっとしました。私の前に座っていた70代半ば位の男性もその様子を気に

しながら見ていましたが、私も他人ごとではありません。その内 色々な事を誰かに

助けてもらわなければならなくなるんだろうなぁと実感した出来事でした。

 

avatar

猛暑の中・・・。

Share on Facebook

今日は土用の丑の日。一年で最も暑い季節になりました

そんな中、このほど奈良方面へ観光に行って来ました。

道中、国生みの神 伊弉諾の尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉の尊(いざなみのみこと)

が祀られている淡路島の伊弉諾神宮を参拝。

2本の楠木が大きくなって根元が一本に合わされている夫婦大楠にはびっくり。

縁結び、夫婦円満のご利益があるとのこと。

そして、北淡震災記念公園では、阪神淡路大震災で断層のズレが生じた状況が

そのまま保存されている野島断層や、当時の被害の様子が生々しく再現されている

のを見ると、つくづく防災の重要性を痛感します。

そして、いよいよ奈良市内へ。

最初に訪れた薬師寺では、ご住職のユニークな法話が観光の楽しさを倍増させて

くれます。薬師如来、日光菩薩、月光菩薩の薬師三尊は世界でも最高の仏像と

仰がれているそうで、その美しい姿に感動しました。

東大寺では、高さが15メートルもある大仏様に圧倒されましたが、創建以来

度々の損傷を蒙り その都度修理されているので、今の大仏殿は三分の二に

縮小されているそうです。

猛暑の中での観光でしたが、有意義な時間を過ごすことができました

P1010385 50%

夫婦大楠

 

P1010389(50%)

野島断層

 

P1010395(50%)

薬師寺

 

P1010401(50%)

大仏殿

 

 

 

avatar

バラの花と昔の町並みに感動。

Share on Facebook

先日 広島県の福山市と竹原市へ行って来ました。

福山市は 市の花がバラなので、サービスエリアにもたくさんのバラが植えられ、

ちょうど見頃でラッキーでした。

竹原市は江戸時代 製塩や酒造業で栄えた町で、その頃の立派なお屋敷や由緒ある

お寺のある町並みが今もそのまま保存されています。

地元ボランティアのガイドさんの案内で、有意義な散策を楽しむ事ができました。

帰りに立ち寄った福山バラ公園には色々な種類のバラが実に見事に咲いていて、

短い時間でしたが、とても感動的でした。

P1010349

福山サービスエリアにもバラの花がいっぱい。

 

P1010355

竹原の町並み。この通りには電柱・電線がありません。

 

P1010358

NHKの朝ドラ「マッサン」のモデルになったニッカウヰスキーの創業者 竹鶴政孝の生家

 

 

P1010365

竹鶴政孝と妻 リタさんの銅像

 

P1010370

立派なお屋敷、森川邸の中庭

 

P1010378

福山バラ公園(入園は無料です)

avatar

かれこれ3ヵ月・・・

Share on Facebook

昨年  お歳暮に頂いた洋ランのシンピジウム。

3週間ほど経った頃満開になり、それ以来ずっと可愛い花に

癒されて来ました

頂いてから かれこれ3ヵ月ですが、終わって摘み取った花もなく、

まだしばらく きれいな状態を保ちそうです。

淡いピンクで、花の形も とっても可愛いいんです

ランは なかなか自分では買えませんが、頂けると

いうのは本当に嬉しいことですね

お花

 

 

 

 

 

avatar

原 文彦さん

Share on Facebook

“地方でも夢は叶う” それを証明した 東かがわ市東山で創作活動をしておられる作詞家の原文彦さん。昨年末のレコード大賞作詞賞を 香西かおりさんの「秋恋歌」で受賞されました
先日の新聞にも掲載されていましたが、原さんは東京の大学を卒業後、家庭の事情で故郷へ帰り、営業職や教職を務めながら40年余り作詞活動を続けて来られました。
メジャーデビューして35年、これまでにもいくつかの賞を受賞されているようですが、作詞家としての最高の栄誉である賞を昨年末、見事に受賞されました
上京せず故郷での創作活動にこだわり、地方でも夢を叶えられるという事を証明されたのです。
以前から原さんのご近所に住んでいる知人から、近年 大物歌手の歌を作詞しておられる原さんの事は聞いていましたが、同じ東かがわ市民としてとても嬉しい事です
64歳になった現在、教職も退職して 主宰する道場で武道を指導しながら創作活動をされているそうですが、これからもどんどん良い詩を書いてほしいものですね。

ページ:1234»

ARCHIVES